[動画紹介]東海道新幹線 米原駅 スパークを発しながらドクターイエロー通過・融雪スプリンクラー稼働

  東海道新幹線の米原付近は、有数の積雪地帯として知られています。そのため、駅構内や沿線各所には融雪用のスプリンクラーが設置されています。 勢いよく水を撒くスプリンクラー、そして雪煙を巻き上げながら疾走する新幹 […]

Read more

台風21号の大雨で浸水被害を受けたJR阪和線浅香駅の復旧対応

2017年10月22日夜から23日未明にかけて、超大型の台風21号の影響による大雨で大和川が増水し、一部地域で浸水被害が発生しました。JR阪和線の浅香駅では、切符売り場や駅事務室のある改札階が約1mもの深さで浸水。自動券売機や自動改札機等の設備が故障する被害を受け、23日早朝より鋭意復旧作業がおこなわれました。

Read more

大阪環状線103系最終運行(2017/10/3)車内放送&走行音(約2時間)

2017年10月3日、大阪環状線および桜島線(JRゆめ咲線)から103系電車が引退しました。引退を見届けようと、山のように溜まっている仕事を放り出して、大阪環状線へと向かいました。今回は「撮り鉄」よりも「録り鉄」メインで環状線での103系最終日を追いかけました。

Read more

JR琵琶湖線の架線事故 225系+223系混成20両編成にて回送

2017年7月26日午後10時半ごろに発生したJR琵琶湖線(東海道線)の架線事故。パンタグラフの損傷により運行できなくなり瀬田駅に留置されている12両編成の故障列車(225系+223系)の救援のために、別の8両編成の223系電車を併結し、合計20両編成で回送運行することになった模様です。

Read more

JR琵琶湖線(東海道線)瀬田駅付近で起きた架線トラブルが凄まじい

2017年7月26日午後10時半ごろに、JR琵琶湖線(東海道線)瀬田駅付近で架線トラブル事故が発生しました。利用客がTwitterに投稿した映像をみますと、架線が切れてパンタグラフや架線柱が著しく破損、各所でスパークや小爆発のような音が発生しており、事故のすさまじさが伝わってきます。

Read more

[懐かし動画]東京発500系のぞみ29号博多行きの行先表示器

この動画は、東京駅で出発を待つ「のぞみ29号博多行き」の行先表示器です。500系新幹線電車が東海道新幹線を走っていた頃に、仕事で出張に行った際に撮ったもので、2010年2月26日の撮影です。2月28日に東海道区間から引退しましたので、引退の前々日の映像ということになります。

Read more

N700Sデザイン発表・エッジを立てた先頭形状&LED前照灯採用

2017年6月28日、JR東海は東海道新幹線に投入する新型の新幹線車両「N700S」のデザインを発表しました。先頭車両のデザインは、N700系シリーズの「エアロ・ダブルウィング形状」をより進化させた「デュアルスプリームウィング形状」を採用。ノーズ部分の左右両サイドにエッジを立てた形状とすることで、高速走行時の風圧を整流。「走行風を整流し、微気圧波・車外騒音・走行抵抗・最後尾車動揺を低減」するとしています。

Read more

新快速として活躍した117系が「新たな長距離列車」にリニューアル

JR西日本は、超豪華ゆえに費用も破格のトワイライトエクスプレス瑞風よりも、よりリーズナブルに旅を堪能できる長距離列車の運行を計画しているとのことです。ターゲットはシニア層やインバウンド層を想定しているとのことで、その列車用として、117系電車を改造した車両を充当する模様です。

Read more

JR福知山線(宝塚線)脱線転覆事故から12年・安全運行と列車遅延

JR西日本が2005年4月25日に起こした福知山線(宝塚線)の脱線転覆事故は、あまりに衝撃的でした。あれから今日で12年です。この事故では、乗客106名・運転士1名、合計107名の尊い命が奪われました。この事で故は、いわゆる「日勤教育」に代表されるJR西日本のブラック体質が浮き彫りになりました。一方で、僅かな遅延をも許さない我が国の潔癖社会の縮図ではないかとも思う次第です。

Read more

名古屋駅でしか買えないスイーツ「ぴよりん」を長時間置いておくと…

実物のひよこのイメージそのままのスイーツ「ぴよりん」。名古屋駅のコンコースでしか買えない名物スイーツとして、行列ができる人気商品となっています。当サイトの管理人も、ぴよりんに胸を打ち抜かれまして、愛くるしい表情でぴよりんが勢ぞろいしているお店のショーケースを前に、いい歳した中年オヤジがデレーっとした表情で眺めているのは、なかなかシュールな光景かもしれません。

Read more