[下古沢駅]災害運休が続く南海高野線山岳区間(2018年2月6日)2面2線化工事が急ピッチ

スポンサーリンク


 

南海高野線の下古沢駅では、2002年に廃止された列車交換設備の再設置工事が行われています。台風21号の大雨による地すべり災害の影響で不通となっている南海高野線山岳区間については、路盤陥没被害を受けた上古沢駅の復旧工事の一環として、現地では、陥没度合いの大きい上り線側線路を撤去する工事が行われています(別動画にて公開)。

これにより、下古沢駅が1面1線⇒2面2線に、上古沢駅が2面2線⇒1面1線となります。運休によって地元の足や観光に多大な影響が出ており、運行再開が待たれるところです。

 

スポンサーリンク